「生教育」講演会開催

「生教育」講演会を開催。

 

子どもにどうやって体や命のことを伝えるかを、大阪から浅田昌代先生を招いてお話を伺いました。

 

浅田先生自身も何度も伝えられていたのが、「性はタブーではなく、プライベートなこと」ということ。

 

タブーにしてしまうがために、体の変化で悩んでいることを相談できる場がなかったり、性犯罪にあっても隠してしまうケースが多々あるそうです。

 

今回お話を伺って、親子のコミュニケーションの延長の一番デリケートで言いにくい部分が性のことだと思います。

 

そのために日ごろからどうコミュニケーションをとりあって、関係を築いていくかで、家庭で性のことを話せる場になるかならないかは変わってきます。

 

デリケートな話もサラッと話せる関係になるように、日ごろの子どもとの向き合い方や関わり方、性のことをどんな順序でどう話していくのがいいかを学べた講演会でした。

 

そして、一番感じたことは、まず親自身が性についてもっと詳しくなっておくこと。

 

自分が分かってないのに、他人に伝えるなんて、ましてやわかりやすく伝えるなんてできないですからね。

 

この講演会をきっかけに、家庭で話せる相談できる場づくりをしてもらえたら嬉しいです。