ハピファミの想い

学ぶ楽しさ、人との出会いで生まれる笑顔の連鎖

代表 笹田貴洋
代表 笹田貴洋

ひと昔前まで、子育ては地域や3世代同居の家庭の中で行われていました。

 

子どもたちは両親のほかに、おじいちゃん、おばあちゃん、近所のおせっかいおじさんやおばさんに見守られ、そして、お母さんは子育てをサポートしてもらいながら、知恵を身につけることができました。

 

しかし、核家族の家庭が大半を占める現在、一人で悩んでいるママ、安全管理に敏感になりすぎて本当の遊びを知らない子どもたちがたくさんいます。

 

そこで、私たちは家庭や地域をつなぐ架け橋として、お母さんや子ども、地域の人たちが集い、学ぶ場をつくり、交流できる拠点をつくります。

 

お母さんが笑顔になれば、子どもは嬉しくて笑顔になります。

母子が笑顔になれば、お父さんも嬉しくて笑顔になります。

家族が笑顔になれば、おじいさん、おばあさん、ご近所さんも笑顔になり、どんどん笑顔が広がっていく、

そう信じています。

 

ハピファミコミュニケーション 代表 笹田貴洋

◆ブログ

「ハピファミ日記」